So-net無料ブログ作成

普天間移設「最終的な詰めを行いたいという状況だ」首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、「政府案は今、真剣に検討中で、最終的な詰めを行いたいという状況だ」と述べ、最終調整段階にあるとの認識を示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は政府案について、「沖縄県民の負担を、早くできる限り減らさなければいけない。普天間の危険性の除去をできるだけ早くやる。この2点を満たせるような形で(米国に)提案すべく努力しているが、まだその段階には至っていない」と語り、政府案の条件に県外移設をあげなかった。

 日米協議については「日米間で実務者協議が始まっているわけではない」と指摘し、政府案をまだ正式に提案していないことを明らかにした。

【関連記事】
普天間は「難しい問題」沖縄県民大会で米次官補
普天間問題 国益が日々失われていく
政府、「浅瀬案」で米側と最終調整 26日から審議官級協議
小沢氏、首相を見放した? 普天間問題の首相進退「私が答える立場にない」
身に迫る「国民の軽蔑」 首相の言動「評価しない」が82・9%
「裸の王様」次に座るのは…

<手鏡箱>龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵−山崎さん家族(時事通信)
「密閉不十分で燃料漏れ引火」ベトナム機エンジン火災で運輸安全委(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾傍聴に700人 「マンネリ」批判も(毎日新聞)
自民青年・女性局集会、馳浩議員が離党者批判(読売新聞)

診療所の収益性、「広告」とは相関せず(医療介護CBニュース)

 病院検索サイトを運営する「QLife(キューライフ)」(本社=東京都世田谷区)は4月13日、医科診療所の院長を対象に収益性と経営方針の関係を探った調査結果を発表した。それによると、「広告」の実施度合いと収益性の関係について、「『広告』は一切しない」診療所の71%が、周囲の類似の診療所に比べて収益性が「好調」と回答しており、「熱心に実施」での69%、「あまり熱心ではない」での53%を上回った。同社は「自院の特徴や患者層、土地柄に合致した広告ノウハウを構築するまでの試行錯誤投資をする覚悟・熱心さがないと、かえって無駄遣いになりそうだ」と分析している。

【「広告」の実施度合いと収益性の関係詳細】


 調査は全国の医科診療所の院長を対象に、昨年9月5日から7日にかけてインターネット上で実施し、100人から有効回答を得た。

 それによると、広告などの集患施策を実施しているか聞いたところ、「あまり熱心ではない」が47%で最も多く、以下は「『広告』は一切しない」(22%)、「熱心に実施」(17%)と続いた。
 各項目について収益性(「わからない」を除く)を見ると、「好調」が最も多かったのは「『広告』は一切しない」の71%で、以下は「熱心に実施」69%、「あまり熱心ではない」53%と続いた。

 また、「患者満足度志向」や「患者への配慮」と収益性の関係についても調べたところ、これらの意識が他の診療所よりも「強い」とした診療所は43%、「同じ」が46%、「弱い」が11%。各項目について収益性(同)を見ると、「好調」は「強い」診療所の79%だったのに対し、「弱い」では17%、「同じ」では50%だった。


【関連記事】
医療者に嘘をついた経験「ある」が28%
医師の約8割、漢方薬の保険対象外に「反対」
季節性インフルワクチン「充分確保」は14%
新型ワクチン優先接種対象者の定義は「不明瞭」―内科医の約6割が回答
「疾患啓発サイト」の分かりやすさなどを患者側から評価―QLife

河村市長が公開議案説明、市民から賛否(読売新聞)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止−厚労省(時事通信)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)

大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)

 14日午後0時55分ごろ、奈良市西九条町の大和ハウス工業奈良工場(平原和洋工場長)から出火。鉄骨平屋の第1工場の一部、約4千平方メートルが焼けた。作業着姿の従業員ら約400人が屋外に避難し、けが人はなかった。奈良署で出火原因を調べる。

 工場付近は異臭が立ちこめ、消防車やパトカーなど約20台が出動し、一時騒然となった。近くのショッピングモールは、屋上にいた買い物客を屋内に退避させた。通りがかりの奈良市内の男性(61)は「真っ黒な煙が立ち上っていた。何が起こったかしっかり調べてほしい」と話していた。

 奈良署などによると、奈良工場には4棟工場があり、出火元は第1工場内にある大和ハウス工業のグループ会社「ダイワラクダ工業」の近畿配送センター。

 奈良工場では、2月15日にも第4工場が燃える火災があった。火災が相次いだことを受け、大和ハウス工業広報企画室は「2月の火災事故を受けて再発防止に努めていました。深くおわび申し上げます」と話した。

【関連記事】
セメント工場で火災、コンベヤー100メートル焼く 福岡県苅田町
新幹線ストップ 「ドーンと音」と目撃者
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災
東京湾・第2海堡の黒煙の正体は? “海上のもしも”に備える訓練の場
小田原の国立印刷局工場で火災 塗料缶に引火か

教会に消火器連続?投げ込み事件…50件以上も(読売新聞)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)

再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加−菅家さん(時事通信)

 足利事件再審での無罪判決を受けて、菅家利和さん(63)を祝う集会が26日午後、宇都宮市で開かれた。集会には再審開始が決定した「布川事件」など他の再審事件の関係者や支援者らが参加、菅家さんの無罪を喜んだ。
 菅家さんは集会で「裁判官が謝ってくれました。この日を待っていました」とあいさつ。謝罪について、「やはり特別です。ありがとうと言いたいです」と笑顔で話した。
 布川事件の杉山卓男さん(63)は「これからはわたしたちの番。冤罪(えんざい)仲間、カラオケ仲間の菅家さんが法廷に駆け付けてくれるというのでパワーをもらいたい」と語った。菅家さんはこれに応じ、「再審無罪は決まっていますので頑張ってください」と答えた。
 集会には「免田事件」で死刑判決確定後に再審無罪が確定した免田栄さん(84)の姿も。菅家さんに「これからの人生が大変。手を取り合って団結していこう」と声を掛けたと話した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「足利事件」
「謝罪あり納得、感無量」=笑顔で会見
「真実の声に耳傾けず」=裁判長、起立し謝罪
えん罪防止に可視化導入を=千葉法相

「反則金高い」 路駐の反則切符を奪い丸めた容疑の無職女逮捕(産経新聞)
<無理心中>車内に練炭、母親と6歳長男死亡 三重・志摩(毎日新聞)
生方氏、地元で小沢氏批判「説明責任果たしていない」(スポーツ報知)
足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)
<訃報>金澤魯水さん85歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。